ホーム  >  仕事の誇り

仕事の誇り

鳶(とび)職人の仕事は、建設現場の中心にいる重要な仕事です。

少しの油断で命を落としかねない現場に立つ為、中途半端な気持ちで仕事をしていたら、自分だけでなく、現場に携わる他の人も危険な目に合ってしまうのが現実です。
そのため現場では鳶は尊敬される存在。
色んな現場がありますが、基礎となる鳶(とび)職人が足場をしっかり固めると、現場に携わる他の人間も安心して働けます。
登る高さも一番高ければ、プライドも高く持つ必要があります。

どうすれば鳶になれるのか?

support

現場に入って仕事を覚える事が一番の近道です。
鳶の世界は実力の世界。
年が若くても仕事ができれば、それなりの立場に立つことができます。
また、なんといっても1人ではできない仕事。
チームワークの精神は欠かせません。 頑張れば頑張った分だけ、仲間に認められていきます。

現場で「安全第一」を、絶対に忘れてはいけないと言われているのは、プライドを持って仕事をしているからこその「安全第一」です。


鳶工の求人詳細はこちら